天使の痩身

ダウンタイムがある

脂肪吸引や脂肪溶解注射は、実績のある美容外科でもダウンタイムはあります。ダウンタイムは、体に治療を受けた反動で起こる症状のことを指します。
これは、副作用ではなく誰でも起こる可能性が高いことになりますので、脂肪吸引や脂肪溶解注射の治療を受けた時は体に無理しないようにさせましょう。
特に脂肪吸引は、脂肪溶解注射よりも量が多いのでダウンタイムが長いです。どんな症状が起こるのかといえば、むくみが一番でやすいでしょう。
むくみが出てしまうと、その部分に負担がかかってしまいます。ですから、むくみを解消できるようにケアしないといけません。
ですが、術後はまだ患部が治っていない状態ですから、三日ぐらいから無理せずにむくみを解消できるようしましょう。
どうやって解消するのかといえば、温めることが大事です。そして、柔らかくする為にマッサージを行ないましょう。そうすることで、患部の緊張をほぐすことができます。

脂肪溶解注射も同じでむくみが起こりやすいので、ほぐすようにケアしましょう。そうすれば、ダウンタイムの期間を短くできます。
ですが、症状が長く続く場合は美容外科へ行って相談したほうがいいです。放置したままだと、経過が悪くなってしまうのですぐに行って下さい。
ダウンタイムを過ぎれば、高い痩身効果を期待できるようになっています。その効果を持続させるには、ケアや普段の生活をしっかりと管理することで維持できるようになります。
痩身効果を期待できる方法は、こういった治療以外にもありますので、治療を受けたとしても痩身効果のあるものを試してみてはどうでしょうか?
どのようなものがあるのかといえば、酵素ドリンクや痩身エステなどを試してみるのもいいでしょう。
そうすることで、より痩身効果を持続させられるようになります。

TOP